子宮筋腫の原因

エストロゲンが起因か?

子宮筋腫は、思春期前にはほとんど見つからないのが知れ渡っています。さらには、閉経後にもほとんど見受けられません。子宮筋腫が最も多く加わっている世代は、40代です。
すなわち、子宮筋腫が出現するのは、月経がある年齢に限定されるのです。

 

このような事実から、子宮筋腫と女性ホルモンが多分に関与することが想定されます。
この数年で、各種の検証より、子宮筋腫の発症には卵巣から分泌されている、エストロゲンという物質が関与しているということが判明してきました。

 

エストロゲンは、閉経後はほとんど分泌せず、その為子宮筋腫は縮小します。
しかし、こうした閉経後の女性に、更年期障害の治療としてエストロゲンを含んだホルモンを投与すると、子宮筋腫が大きくなったりするわけです。

 

このこととは反対に、閉経前の子宮筋腫に対し、ホルモン療法により筋腫を小さくする事も可能です。

 

エストロゲンの分泌を抑制するホルモンを投与すると、子宮筋腫は小さくなるのです。
この治療のケースでは、ホルモンの投与を中止すると、子宮筋腫はふたたび大きくなっていきます。

 

 

これらのように、エストロゲンは、子宮筋腫の成長に影響を及ぼす物質になっていることがわかります。
しかし、さらにどういったメカニズムで子宮筋腫ができるのか、一層くわしい理由は、今のところ、まだ解明されてはいません。