子宮筋腫 : ホルモン療法の副作用

使用は半年が限度。副作用をよく見ながら・・・

 

ホルモン療法では、主にGnRHアゴニスト

 

子宮筋腫のホルモン療法には、副作用が存在します。
人によっては投与出来ない可能性もあります。

 

使用にあたっては、副作用の様子を観察しながら、という点が基本です。

 

GnRHアゴニストを利用して、更年期障害に似た症状が出て来たら、漢方薬を合わせて使う可能性もあります。

 

GnRHアゴニストの使用で、エストロゲンは抑制されます。
エストロゲンには本来、骨密度を保つ働きがあります。これが抑制されるのですから、結果として骨密度が低くなるリスクがあります。

 

そういった理由から、投与期間を6ヶ月にとどめるのです。

 

再投与するにしても、やっぱり6ヶ月以上は間隔を置かなければいけないのです。

 

 

他にダナゾールの投与でも、肩こり、頭痛などの副作用があります。

 

副作用の点から見ると、一般的にダナゾールの方がいろいろとあって、その為子宮筋腫のホルモン療法ではGnRHアゴニストを使うのが主流になっています。

 

とは言うものの、人によっては、ダナゾールの方が適している人もいます。

 

 

どちらを使うかは、ドクターと相談の上使い分けしてみてください。