子宮筋腫のホルモン療法

人工的に閉経状態

 

女性ホルモンの一種のエストロゲンというは、排卵のある成熟期にある女性の場合、卵巣からたっぷりと分泌されています。
このエストロゲンは、子宮筋腫に作用して筋腫を発育させてしまう作用があります。

 

 

子宮筋腫のホルモン療法とは

 

ホルモン剤を利用して排卵を抑制し、エストロゲンの分泌を少なくしてしまう方法です。
これにより、子宮筋腫は成長を抑制され、 小さいまま留まります。

 

この方法の事を「偽閉経療法」と言っています。
人工的に閉経に似た状態を作り出すからです。

 

最近の子宮筋腫のホルモン療法(偽閉経療法)には、主に2つの薬が利用されています。
性腺刺激ホルモン放出ホルモン作動薬「GnRHアゴニスト」と「ダナゾール」という薬です。

 

性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)は、性周期をコントロールしています。
GnRHアゴニストという薬は、GnRHとよく似たメカニズムをしてます。
その影響で、脳下垂体から分泌されている卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンを抑制する事が可能だと言えます。

 

この2つのホルモンの分泌を抑えるため、排卵が起こらず卵巣からエストロゲンが分泌されるのを抑えることが出来るという訳です。

 

ダナゾールは、脳下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンを抑制したり、卵巣機能を抑える働きをする薬となります。

 

 

ホルモン療法というのは、あくまでも補足的な治療法

 

GnRHアゴニストとダナゾールは、どちらとも6ヶ月が投与の限度と言われています。
また、これらの薬のお陰で、筋腫は小さくなるものの、完全に消すことは不可能です。

 

その為、投与を打ち切ると、月経が再開され、子宮筋腫もまた成長を再開してしまうのです。

 

ホルモン療法と言われるものは、子宮筋腫で問題となる貧血を一時的に抑えたり、筋腫を小さくしておいて、小さい筋腫を手術で取り除くという目的で実施するのが通例です。

 

また、すでに閉経間近にある人は、閉経までホルモン療法で筋腫を小さくしておいて、閉経後は、通常それ以上大きくならないので、そのままにしておく目的でも使用します。

 

さらに、様々な事情で、直ぐには子宮筋腫の手術が出来ない人にも、このホルモン療法が使用されることがあるのです。