子宮筋腫の検査と診断

問診

 

ドクターと面談する前に、前もって問診表に記載する医療機関も多数存在します。この問診表に、自覚症状や月経の状態等を記載します。

 

他の医療機関などにもかかった事例があるならば、その診断の内容についても書き込むように気を付けて下さい。

 

その医療機関の紹介状があるのなら提出した方が良いです。 あなたの問診表を見て、担当のドクターは、あなたに諸々の質問をすることになります。そうした後は、病名とか必要な検査などを見抜いていきます。

 

 

視診・内診(双合診)・膣鏡診

 

次のステップは、診察台で横になって、視診、膣鏡診、触診わかりやすく言うと内診をしています。

 

初回の場合、診察台に上るのは思い切りが必要ですが、誰もが通る道です。

 

視診では、膣の外陰部に炎症があるか、腫瘍と考えられるものがないか、そういった部分を医師が肉眼でチェックします。

 

膣鏡診では、膣鏡という検査器具を使用します。この膣鏡を膣に入れ、膣の分泌物を調査したり、膣の壁をチェックしたり、子宮の入り口がどうなっているのかを把握したりします。 なにかしらの疑いが発見できれば、分泌物をとりだし、後々検査にかけます。

 

内診(双合診)では、医師が片方の手をお腹に置き、もう一方の手を膣にインサートします。この様にして、子宮や卵巣の状態を診察するのです。

 

この内診(双合診)は、子宮筋腫に限らず、全ての婦人科疾患での診断の基本になってくるのです。基本中の基本で、スタートラインでもあり、最重要な診察となるのです。

 

それはさておき、この内診(双合診)により、子宮の位置、卵巣の位置、それらの大きさ、形、硬さというような大切な情報を獲得できます。

 

それから、圧すと痛むか(圧痛)、動きはどうか、ということもこの内診(双合診)で判断できます。

 

て言うか、内診(双合診)でしか、このことは判断できません。

 

腹部にしこりがある場合等、そのしこりが卵巣の腫瘍なのか、それとも子宮の腫瘍なのか、内診(双合診)によってほぼほぼ割り出す事が可能になります。 内診(双合診)や膣鏡診といった診察法は、セックス経験のある女性はあんまり苦痛にはならないといわれているようです。しかし、実績の乏しい女性は、やっぱり、緊張してしまうと聞きます。 不安になったり怖いと考えたりするのは、当然のことです。不安や恐れがあったら、その状況を率直にドクターに伝えるというのも1つの方法です。ドクターもそれ相当の気くばりをすると思います。

 

直腸診という診察法があって、片方の手の中指を直腸に入れ、人差し指を膣に入れ、そこから、もう片方の手をお腹の上に置いて、子宮や卵巣の状態を調べる診察法です。

 

 

超音波検査

 

超音波検査とは、エコーとも言われます。 内診と一緒に外来で実施する簡単な検査方法です。 この検査で言うと、子宮筋腫と卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)を区別したり、サイズを測ったりします。

 

超音波検査(エコー)には、検査器具を膣に入れて調べる「経膣法」と、お腹の上から当てる「経腹法」の2つがあります。

 

経膣法の場合、ごく小さな「粘膜下筋腫」や「卵巣嚢腫」も、ハッキリわかる画像を得ることが出来ます。

 

逆に、嚢腫や筋腫が大きい場合は、反対にわかりにくく、その場合は、経腹法により、お腹の上から検査する方が鮮明な画像を得ることが出来ます。

 

 

血液検査

 

子宮筋腫の場合は、貧血が大きな問題だと思います。

 

貧血の有無や程度を確かめるには、血液検査が効果的です。

 

 

CT・MRI・ヒステロスコープ

 

子宮筋腫には、CT、MRI、子宮卵管造影、ヒステロスコープ(子宮鏡)というような検査が頻繁に用いられています。

 

CTは、腹部を1cm刻みに輪切りにした画像を撮影します。

 

MRIでは、タテ、ヨコ、ナナメなど、さまざまな角度からの断層像を撮影します。

 

このようなCTやMRIなどを利用して、子宮筋腫の位置や大きさや数などが、かなり正確に診察できるのです。
さらには、卵巣腫瘍との区別、子宮腺筋症との区別についても正確に判断することができます。

 

子宮卵管造影は、主に、不妊症の方に行ないます。
子宮の口から造影剤を入れ、X線撮影を行ないます。
これで、粘膜下筋腫の有無、卵管の通過性、子宮内腔の変形、といった症状を把握できます。

 

ヒステロスコープに関しては、細い内視鏡を膣から子宮に差し入れて、子宮の内部を調べる方法です。
粘膜下筋腫の診断などに使用されます。