子宮筋腫と妊娠

子宮筋腫があっても妊娠・出産は可能

 

子宮筋腫は、それほど珍しいものではなく、女性の30%前後は発症しています。
よって、妊娠中の女性が、「実は子宮筋腫だった」ということもままあることなのです。

 

一般的なのは、妊娠中の診察で超音波検査を行いますが、この検査で子宮筋腫が発見されることです。
しかし、発見された子宮筋腫の大きさが大したものではなく、まだ小さい段階の物なら問題なく出産可能となります。

 

妊娠中の子宮というのは通常とてもやわらかくなっていて、子宮筋腫も同じようにやわらかくなっていると考えられており、赤ちゃんの成長に不都合が出る事が少ないのです。
過去の事例からも、結構大きな子宮筋腫をかかえた妊婦さんでも、大多数が無事に出産しています。

 

しかし、注意が必要なこともあり得ます。子宮筋腫が変性し、激痛が走るような場合です。
また、子宮筋腫の場所が子宮の頸部だったりすると、胎児がその個所につかえてしまうことがあり、こうした場合の出産は、帝王切開に変更することが求められます。

 

妊娠中に筋腫核出術をしたりすると、早産や流産の危険度が高くなります。
そこで、通常は、鎮痛剤とか子宮の収縮をおさえる薬などを使用しながらだましだまし経過を見るようにし、出産後本格的な子宮筋腫の治療に入ったりするのです。

 

 

子宮筋腫と不妊との関係

 

子宮筋腫と不妊との関係は、実際のところはまだよく判明していません。
ただ経験則として、子宮筋腫の場所や状況によって、流産しやすかったり、妊娠しにくかったりすることは、正直言ってあります。

 

よく耳にすることとして、「子宮筋腫があると子宮の内部が変形し、せっかく受精した卵が着床しずらくなって、結果不妊になる」、というものです。
しかし、これまた仮説の段階で、昨今でもよく明らかになっていません。

 

また、これも仮説の段階ですが、妊娠によって女性ホルモンが増加し、この増加した女性ホルモンが筋腫の成長を後押しして様々な障害が発生している、という考えもあります。