子宮筋腫と卵巣腫瘍

子宮筋腫はどこまで大きくなるのか

 

子宮筋腫は、過去の例によると、最大40kgにまでなった例があるようです。
最近でも、6kg前後の物が報告されています。

 

子宮や卵巣の大きさを表すのに、「ソフトボール大」とか、「握りこぶし大」「大人の頭大」なんて言われる表現がちょくちょく使われます。

 

これは、他の臓器にできる腫瘍とは比べ物にならないサイズだったりします。

 

卵巣腫瘍も、「大人の頭大」まで成長してしまうことがあります。

 

要するに、子宮と卵巣にできてしまう腫瘍だけが、他の臓器にできる腫瘍とは違ってあり得ないほど大きくなるのです。

 

なぜかと言えばはっきりと判明していませんが・・・。

 

どちらにしても、年に1度は定期検診を受けることを意識しましょう。