子宮筋腫 : 良性と悪性

こぶが急に大きくなったら要注意

 

子宮筋腫:悪性・良性の区別は困難

 

本来、腫瘍には良性の物と悪性の物が存在します。良性の腫瘍は、他に転移しませんし、生命に影響を及ぼすこともないのです。子宮筋腫は、良性の腫瘍の代表的なものです。

 

逆に悪性の腫瘍は、周辺の組織を侵したり転移したりします。手当が遅れると、生命に影響を及ぼす可能性もあります。
子宮に関して言えば、「子宮肉腫」という悪性の腫瘍があります。

 

 

話は変わりますが、良性であるはずの「子宮筋腫」が、やがて、悪性の「子宮肉腫」に変わっていく事などあると思いますか?
仮説ですが、非常に低い確率で、良性が悪性に変わるケースもあるようです。通常、悪性の子宮肉腫は、最初から悪性として生まれてきますが、例外的なものとして上のようなことが起きるようです。

 

何よりも、子宮肉腫という悪性の腫瘍は、確率でいえばあらゆる婦人科の悪性腫瘍のなかで、約1%という低い確率でしか起こりません。
したがって、必要以上の心配は無用です。
それどころか、問題になるのは良性が悪性に変わるか否かよりも、両者の区別が非常に困難な点だと言うことです。

 

例えば子宮筋腫の手術をする場合、手術前に「これは子宮筋腫だ」、「子宮肉腫だ」と断言することは、実は相当難しいのが現状です。最終的な診断は、子宮を摘出後に病理検査にかけ、そこでようやく診断が下るということがけっこうあるわけです。

 

悪性の子宮肉腫ですが、良性の子宮筋腫と比較すると、成長が非常に速く閉経後も小さくならないものなのです。さらに、子宮筋腫に比べ、子宮肉腫は、痛みが持続的でかなり強い、という特徴があります。

 

 

これらの理由から、もしあなたが子宮筋腫だと診断されても、成長のスピードとか痛みの性質等に、十分に注意することが重要になります。なかでも、閉経後も成長を続けるようなら、子宮肉腫の可能性も伴うので気を付ける必要があります。

 

万が一子宮肉腫であることが有力視されたとしたら、単純子宮全摘術で、子宮ごと丸々取り除き、さらに両側の卵管・卵巣を取ってしまいます。
手術が終わったら、後々化学療法をおこなうケースも出てきます。(リンパ節に転移することは少ないため、リンパ節までは取らないと考えられます)