子宮筋腫の症状

子宮筋腫は無症状のケースも

子宮筋腫の症状は色々あって、筋腫のできた場所、筋腫の大きさ等の違いによって様々になっています。 例えば、筋腫の大きさがごく小さい場合等は、自覚症状がほとんどない場合もあります。また、「しょう膜下筋腫」などの場合は結構な大きさになっても無症状であることもあります。

 

貧血・過多月経・月経痛

子宮筋腫ができると月経異常が起きる場合があります。 異常の症状としては、月経の血量が増える【過多月経(かたげっけい)】、月経が長期にわたって続く【過長月経(かちょうげっけい)】、【月経痛】などがあります。 このような月経異常ですが、「しょう膜下筋腫」では、症状が軽いことが多いです。その反面、「粘膜下筋腫」では、筋腫が小さい場合であっても多量の過多月経が起こることもあります。「筋腫分娩」等では、大量の出血がみられます。また、「筋腫分娩」の場合は、月経以外の出血やおりものの症状がみられます。 月経量が増えると言うことで、当然ながら「貧血の症状」も現れます。実は、この貧血が、子宮筋腫では大いに問題になってきます。 貧血の症状として、めまい、動悸、といったものが挙げられます。

 

不正出血(不正性器出血)

子宮筋腫は、不正出血の元となっていることで知られています。「筋腫分娩」、「粘膜下筋腫」のケースでは、不正出血の程度が強くなることが多いです。

 

腹部のしこり

子宮筋腫が巨大化すると、しこりのようになり、お腹の上から触れても、それと把握できるようになります。 このしこりは、ゴロンゴロンとすることもあり、硬くて、痛みはありません。

 

不妊・流産

子宮筋腫のできる場所・サイズによって、子宮の中で受精卵が着床しにくくなるとか、流産しやすくなるとかがあります。

 

おりものの異常

「筋腫分娩」や「粘膜下筋腫」では、筋腫の表面から分泌物が出て、淡い黄色のおりものが増加することがおこります。 腹痛 妊娠中、子宮筋腫の内部が変性し、強烈な痛みが発生するケースがあります。 また、「有茎性しょう膜下筋腫」で、茎がねじれてしまった時は、はげしい腹痛に襲われることもあるでしょう。腹痛が原因で救急車で病院に搬送されるようなこともありますが、その大部分が、これによってです。 「筋腫分娩」でも激痛が走るケースが見られ、この場合は、陣痛に似た痛みになります。

 

頻尿・尿閉・腰痛・便秘

子宮筋腫が大きくなると、周りの内臓を圧迫します。膀胱、尿道、直腸等の臓器です。 その為に、頻尿になったり、それとは逆に尿がでづらくなったりとか、便秘が起こったりもします。 習慣的に腰部が圧迫されることになりますから、腰痛とか、それらの他にも腰が重苦しい等といった症状が現れてきます。