子宮筋腫 : 手術療法or薬物療法

子宮筋腫:手術療法、薬物療法、どちらにすべきか?

 

子宮筋腫は良性の腫瘍です。わかりやすく言うと、即、生命に影響する病気ではないのです。
そのため、治療法に迷いが出る傾向があります。

 

手術をすべきか、薬でごまかすか

 

これはケースによるのです。

 

手術療法が望ましい場合は、

 

1.月経過多や月経痛などの辛い症状が見られる場合。

 

2.子宮筋腫の大きさが、ソフトボール以上の大きさとされる場合。
この状態では、いくら辛い自覚症状も無くても、大きな筋腫をお腹に抱えたままでいるのは不健全です。

 

 

一方の薬物療法には、ホルモン療法があります。

 

とは言っても、ホルモン療法では、子宮筋腫が完全には無くなりません。薬を中断すると、再度子宮筋腫は大きくなります。
また、ホルモン療法には副作用もあるのです。
それから、ホルモン療法はお金がかかりますし、半年間続けなければなりません。

 

手術なら1回で終わります。無理に手術をする必要もありませんが、子供を産む予定がなくて、筋腫の大きさも結構な大きさの場合は、単純子宮全摘術の方が再発の心配が無くて安心だと思われます。