子宮筋腫の手術

子宮全体を摘出するか、筋腫だけ摘出するか

 

子宮筋腫の手術として、子宮全体を摘出する「単純子宮全摘術」と筋腫だけを取り除く「筋腫核出術」があります。

 

単純子宮全摘術は、子宮筋腫が再発する心配が全くない方法です。
しかし、子宮を取り除くので、妊娠できなくなります。
既に子供を産み終えている人におすすめの手術法です。

 

また、子宮と卵巣がくっついて離れない場合があり、こんな場合は、卵巣も一緒に摘出するケースがあります。

 

卵巣は2つありますので、1つだけ取っても体調には影響しません。

 

しかし、卵巣を2つ取ってしまうと、更年期障害に似た症状が現れる可能性もあります。
この様な時は、ホルモン補充療法を用いて、症状をやわらげます。

 

将来子供を希望する人には、筋腫核出術がおすすめです。
子宮の表面を切開し、子宮筋腫のみを摘出します。
これで、妊娠する可能性は残ったままです。
ただし、この筋腫核出術をした後では、お産は帝王切開ということになります。

 

さらに、筋腫核出術では、筋腫の小さな部分まで完全に取り除くことが困難な為、再発の可能性が残ったままです。

 

 

手術法について

 

子宮筋腫の手術では、開腹して行なう「腹式手術」と、膣から子宮や筋腫を摘出してしまう「膣式手術」があります。

 

「腹式手術」の特徴として、手術後の回復が早く、お腹に傷も残らず、入院期間も短くて終わります。

 

しかしながら、出産経験が無い人や、癒着のある場合、筋腫が大きい場合等は適した方法ではありません。

 

「膣式手術」では、患部を目で確認しながら手術を行なえる為、こういう部分では有効な方法だと言えます。

 

上の2つ以外にもう一つ、「腹腔鏡下手術」という方法もあります。
この手術法というのは、実施できる病院が限られていますが、お腹に小さな穴を開け、そこに腹腔鏡と手術器具を差し込んでテレビ画面でモニターをしながら手術を行う方法です。

 

その他には、レゼクトスコピーという器械を子宮に入れ、粘膜下筋腫を削り取るといった方法もあります。