子宮筋腫の治療

手術療法と薬物療法(治療の中心は手術療法)

 

子宮筋腫がソフトボール大以上の場合は・・・

 

子宮筋腫が小さくて、自覚症状も見られない場合とか、閉経が近い人、閉経後の人、また、これから妊娠や出産を望んでいる人、現在妊娠中の人等は、特別な治療はしないで、定期的な診察で経過を見ます。

 

子宮筋腫で、本格的な治療をする場合は、例をあげれば、筋腫そのものはさほど大きくないけれど、過多月経で貧血が起こっている人、不正出血に苦悩している人、月経痛が強烈である人、筋腫が流産や不妊の原因であろうと見込まれる人、そのような人達となります。

 

子宮筋腫の治療法には、手術療法と薬物療法の2つがあります。

 

手術療法をする判断基準として、子宮筋腫の大きさが、ソフトボール大以上になっているとしたら、検討してみることが必要です。

 

子宮筋腫の手術には、子宮をすべて摘出してしまう単純子宮全摘術と、子宮筋腫だけ摘出し、子宮は残しておく、筋腫核出術があります。

 

子宮筋腫の薬物療法っていうのは、ホルモン療法と対症療法が上げられます。

 

ホルモン療法では、ホルモン剤を投与することで子宮筋腫を小さくしたり、症状を抑制したりしていきます。

 

対症療法は、造血剤を利用して貧血を改善したり、鎮痛剤で痛みをやわらげたりしていきます。
漢方薬を使う可能性もあります。