子宮筋腫とは?

子宮筋腫は35歳以上の25%

子宮筋腫は、子宮の筋肉の部分にできちゃう良性の腫瘍なのです。腫瘍が発症する部位は色々で、部位によって呼び方が異なります。 まず、子宮に関しては、外側より、「しょう膜」、「筋層」、「内膜」の3つの部分からでき上がっています。こちらの3つのいずれかの部分に出来るコリコリした固いコブが子宮筋腫と言います。 子宮筋腫は、子宮に起こる疾病の中で、数の上では、一番一般的な病気になります。子宮筋腫は、35歳以上の女性の、おおよそ4分の1に見られます。

 

しょう膜下筋腫

筋腫が子宮の外側の方向に突き出た状態で現れたもの。

 

粘膜下筋腫

筋腫が子宮の内腔に突き出たもの。

 

筋層内筋腫

筋腫が、筋層のなかで出現したもの。

 

「しょう膜下筋腫」と「粘膜下筋腫」のことを、有茎性(ゆうけいせい)の筋腫と言っています。これは、子宮本体と茎で繋がっているためです。

 

例えば、「粘膜下筋腫」では、筋腫が膣まで飛び出て、ちょうど分娩をしたのと同様の状態になるケースがあります。これを筋腫分娩と言われています。

 

子宮筋腫は、大抵が子宮体部にあらわれるのですが、例外的なものとして子宮頸部(けいぶ)にできるケースが在って、これを子宮頸部筋腫と呼んでいるのです。