妊娠初期と授乳期は葉酸不足に

葉酸は、普通の食生活をしている限り、不足することはめったにありません。しかし、妊娠初期や授乳期には不足しがちになります。

 

というのも、葉酸は、細胞やたんぱく質の新生に必要な核酸を作り出すのに必要な栄養素だからです。この核酸というのは、DNA、RNAのことです。

 

核酸(DNA、RNA)が重要であることは充分おわかりでしょう。核酸は、細胞の核です。遺伝情報を持っているところであり、この遺伝情報の指令によって人間の体はつくられていくわけです。

 

したがって、胎児が発育する妊娠初期や、生まれたばかりの乳児を育てる授乳期は、どうしても葉酸が必要になるのです。

 

実際のところ、妊娠初期などに葉酸が不足すると、胎児の神経管欠損という先天異常のリスクが高まることが知られています。

 

妊婦は、通常の2倍の葉酸を

 

そういうわけで、妊娠したら、通常よりも多めに葉酸を摂る必要があります。

 

一般的には、妊婦が必要とする葉酸は、通常基準となる量の2倍、480μg(ミューグラム)といわれています。

 

授乳期には、340μg(ミューグラム)必要でしょう。

 

葉酸の摂取は、食事が基本。でも、サプリメントも。

 

いうまでもなく、葉酸の摂取は、食事からが基本です。ただ、近年は、様々なサプリメントもあって、上限量を超えない限り、特に問題はないでしょう。

 

※葉酸の過剰症(摂り過ぎによる症状)は確認されていないようです。

 

では、葉酸の摂取データを下記に。

 

葉酸の1日の上限量

 

1000μg

 

葉酸の1日の摂取基準

 

成人女子:240μg

 

成人男子:240μg

 

老人:240μg

 

子供:200μg

 

※ただし、妊婦さんや授乳期のママは、基準より多めに。

 

 

関連ページ
子供の肌のカサカサ対策に
米のしずく